どんな治療を受けてもよくならなかった場合

 

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ!  ―脳の電気発射を止める魔法の言葉― (SIBAA BOOKS)

あなたを困らせる遺伝子をスイッチオフ! ―脳の電気発射を止める魔法の言葉― (SIBAA BOOKS)

 

 

「〇〇さん、すげー」と唱えるだけで、自分を苦しめていた原因不明の体調不良が治ると聞くと、どんな気持ちになるだろうか?

「〇〇さん、すげー」と唱えるだけで、目の前の嫌いな人の態度が変わるとしたら?

”尊敬”は自分を苦しめていた遺伝子のスイッチをオフにする効果があるという。

特徴的遺伝子をオフにすると、とたんに自分の脳内で繰り広げられていた嫌いな相手や自分への罵詈雑言をストップすることができ、目の前の現実をそのまま受け入れられるようになる。

「自分は不幸だ」という被害妄想からも抜け出すことができ、「〇〇さんすげー」と唱えるだけで、相手のいいところを引き出すことができ、関係が良好になる。

そして、目の前の現実を受け入れることで、自分の足りない部分が見えてくるようになり、その克服に向けて自然と努力できるようになり、理想の自分に近づくことができる。

 

なぜこういうことが起きるのか。

筆者の仮説によれば、「〇〇さん。すげー」と唱えると〇〇さんの脳と自分の脳がミラーニューロンによってつながり、遺伝子情報を含んだ〇〇さんの姿が自分の脳内に映し出されるのだという。そうして”一体感”を得ることができ、人を信頼することができ安心を得ることができる。

人は遺伝子レベルでお互いに影響しあっていて、自分の遺伝子が変わると、周りの遺伝子も変わるのだという。

ある心理学者が「自分の周りがくだらない人間だらけならば、答えは簡単。あなたがくだらないのだ」と厳しい言葉を言っていたが、人と人が遺伝子レベルでつながっているのだとしたら、それも納得だ。

あるいは、「自分が相手を批判することによって、相手の良いところを引き出すことに失敗している」のかもしれない。ミラーニューロンによって、もし自分が相手の批判をしていれば、それが相手の脳に伝わり、本当に相手のパフォーマンス力が落ちるという。

「あの人はだめだ」と思うと、相手が「自分はなんとだめなやつなんだ」と思い込んでしまい、それによって失敗しさらに「やっぱり自分はだめなんだ」と信じてしまうという悪循環においやってしまう。

 

「最近うまくいかない」

と思っている人は、「〇〇さん、すげー」と相手のいいところをたたえるところから始めてみては?