幸せのちから

クリス・ガードナーは骨密度を測定する新型医療器械のセールスをしていた。大金をはたいてこの医療機器を購入したが、セールスはうまくいかず、妻のリンダのパートで生活をなんとか乗り切っていた。

そんな彼に愛想をつかし、リンダが出て行ってしまう。その後、クリスと一人息子のクリストファーの二人だけの生活が始まる。

あるとき、真っ赤なフェラーリに乗っていた男に「株の仲介人をしている。学歴がなくてもいい」と聞き、クリスは株に興味を持ち、証券会社の養成コースに願書を提出する。しかし、6か月の無給で働かなければならず、また働いた後に正社員になれるのは20名中1人だけ。クリスはインターン生としてその会社で働きながら、息子クリストファーと教会や駅のトイレなどで休息をとるホームレス生活をし始める。

 

感想:

実話ということでずっと気になっていた作品。

家賃も税金も払えず苦しい生活を送りながら、6か月のインターンで20人中1人しか正社員になれないというリスクを背負いながら、寝泊りしている教会の窓側にたって朝日を電気代わりに分厚い株の教科書を読んでいるクリスの姿は強烈でありまた美しかった。

無事テストをパスし正社員となったあと、会社を飛び出して忙しそうに行きかうビジネスマンたちの中に紛れてようやく手にした幸せをかみしめる姿は涙を誘う。

学歴や忙しさ、いまの状況を理由にして何かをあきらめる必要はなく、いつでも人生は自分の行動で変えられる、ということを教えてくれる。

 

 

幸せのちから (字幕版)

幸せのちから (字幕版)

 

 

 

幸せのちから [Blu-ray]

幸せのちから [Blu-ray]